派遣制度の利点と問題点

最近とみに多くなってきた「派遣」という制度には、利点と問題点があります。これらを知っているのと知らないのとでは、後々大きな差がでてくるかもしれませんよ。

メニュー| 派遣制度の利点 | 派遣制度の問題点ー法的不備の問題 | 派遣制度の問題点ー派遣先企業側に立った場合 | 派遣制度の問題点ー派遣労働の現実 | 労働者派遣事業の問題例 | 労働者派遣事業者 |

派遣制度の問題点ー派遣労働の現実

派遣労働の現実

江戸時代に「口入屋」と呼ばれ忌み嫌われていたとおり、業界全体に法律遵守の意識が乏しく、派遣者と様々な問題を繰り返し起こしている。禁止されている「事前面接」が半ば常態化しているのは典型的である。中には管轄官庁から事業停止命令を下された例や、刑事事件として立件された例もある。

有期契約および時給契約であるため、企業の暇忙により随時雇用と契約終了が実施される。このため派遣者にとっては本質的に不安定雇用状態である。

派遣先企業が支払う派遣費用に対して、派遣労働者に直接渡る賃金は少ないため、派遣先企業と派遣労働者との間で、提供する労働とその対価について、両者で認識のギャップが生じる。

就職活動の際、派遣労働の経験がキャリアと認められないことが多い。

複数の派遣業者を使って需要側が募集を行うため、有効求人倍率が実態以上に高くなる。

派遣会社によっては、派遣社員のスキルアップを目的とした講習会が設定されているところだけではなく、派遣社員のスキルを十分把握できていないことがあり、スキルのミスマッチが潜在している状態で最初から現場に投入されるケースがある。

大学新規卒業者が、就職活動に失敗しやむを得ず派遣社員としての道を歩む事例も増えてきている。

wikipedia article history license GDFL

[PR]ニートの原因アイシティじゃらんネット ホテル