派遣制度の利点と問題点

最近とみに多くなってきた「派遣」という制度には、利点と問題点があります。これらを知っているのと知らないのとでは、後々大きな差がでてくるかもしれませんよ。

メニュー| 派遣制度の利点 | 派遣制度の問題点ー法的不備の問題 | 派遣制度の問題点ー派遣先企業側に立った場合 | 派遣制度の問題点ー派遣労働の現実 | 労働者派遣事業の問題例 | 労働者派遣事業者 |

派遣制度の問題点ー法的不備の問題

法的不備の問題

労働内容に正社員との差が全くない場合も多く、社員と非正社員の区別なく、同一職種賃金制度を導入すべきとの意見もある(フランスでは正規・非正規雇用間において、同額の時間給を支払わなければならないというルールが存在し、非正規社員は雇用が不安定であることに対する保障として、さらに10%上乗せした給与を支払うことと義務化されている)。

派遣先企業の都合で配属先や勤務時間等が頻繁に変えられる例や、急に解雇される例などのトラブルも多発している。

収入面でも時給制の場合が殆どで、基本的にはパート、アルバイトなどの非正規雇用と世間から同一視されている。また、内閣府の「フリーター」の定義には学生や主婦を除く15〜34歳の派遣社員が含まれている。

年次有給休暇を始めとする労働者としての権利は正社員同様に行使できるが、守られていないのが現状であるとの意見もある。本来は雇用契約の期間が6ヶ月未満であっても契約更新により6ヶ月以上の継続勤務となれば年次有給休暇の取得条件の雇用期間を満たすが[5]、取得条件の雇用期間を満たしていないとの誤った解釈が為された場合は、この制度が利用困難となる。

派遣労働固有の問題ではないものの、各種社会保険加入が徹底されていない例が少なくない。

wikipedia article history license GDFL

[PR]アスベストラパルレ痔ろう高級バッグ レンタルNSFレンタルサーバー