派遣制度の利点と問題点

最近とみに多くなってきた「派遣」という制度には、利点と問題点があります。これらを知っているのと知らないのとでは、後々大きな差がでてくるかもしれませんよ。

メニュー| 派遣制度の利点 | 派遣制度の問題点ー法的不備の問題 | 派遣制度の問題点ー派遣先企業側に立った場合 | 派遣制度の問題点ー派遣労働の現実 | 労働者派遣事業の問題例 | 労働者派遣事業者 |

派遣制度の利点

派遣先企業側に立った場合

自社では雇用が難しい特殊な人材の利用が可能

経営的側面からは、人件費を固定費としてではなく変動費(費用)として計上することが可能。(人件費の抑制)

労働力を必要な時(業務繁忙期、年末調整など)にのみ、必要な分だけ、確保する事が容易。

通常の給与とは異なり企業が派遣元へ支払う金銭は消費税法上「課税仕入れ」となる。その結果国などに納める消費税等を安く済ませることができる。

派遣労働者側に立った場合

勤務先(業種、職種、勤務地、禁煙環境、残業時間長短など)選定の自由度が大きい。

ある期間に限った労働が可能なため、短期のスケジュールを立てやすい。例えば、長期旅行をするための資金を稼ぐために派遣労働者として一定期間勤務し、期間終了後に長期旅行を楽しむなど。

派遣先企業としては、自社(派遣先)正社員採用リスクが減らせる。

wikipedia article history license GDFL

[PR]はたらこねっとダスキンレントールドクター関塾タカラベルモントホメオスタイル558110 短期バイトシークレットブーツスカウター : 派遣制度の利点と問題点